かなっくホール施設紹介

集い、ふれあい、つくりだすこころを
ここ、かなっくホールから。

JR東神奈川駅と京浜急行仲木戸駅をつなぐペデストリアンデッキは、かなっくホールのエントランスへとつながっています。
ホールは可動式プロセニアムや音響反射板を備え、様々な表情をつくることができ、音楽、演劇など幅広いジャンルにご利用いただけます。
2室のギャラリー、音楽ルーム、練習室と合わせ、文化の新たなシーンを生み出す場としてご活用ください。

開館年 平成16年7月16日
全延床面積 2,950㎡

フロアマップはこちら

ホール

300席のホールは、可動式プロセニアムや音響反射板、フルコンサートピアノを備え、様々な表情をつくることができます。

座席表はこちら

詳細はこちら

ギャラリーA・B

絵画、写真、書道、工芸などの美術作品の展示、発表に適した空間です。可動展示パネルにより、多様な展示壁を構成できます。

詳細はこちら

音楽ルーム

簡易な照明・音響設備、グランドピアノ、壁面に鏡を備え、楽器演奏やダンスなどの小規模な公演、発表、練習にご利用いただけます。
また、会議、セミナーなどにもご活用いただけます。

詳細はこちら

練習室A・B

練習室Aはアップライトピアノを備え、室内楽、声楽等の練習に最適です。練習室Bはドラムセット、ギターアンプ、ベースアンプ、ミキサー、電子ピアノを備え、ロック、ジャズなどの練習にご利用いただけます。

詳細はこちら

その他の施設

正面入口を入ってすぐの受付前には、音楽・演劇などの公演情報をご紹介する情報コーナーがあります。2Fロビー、3Fロビーとあわせて、お待ち合わせや幕間の休憩時にご利用ください。