【KIDS DAY2022】★無料・参加自由  展示企画「かんかくをひらき、こころをひらく」&作家とヴィブラフォン奏者とのライブペイント

kidsday2022-grally-426

日時 〈展示企画  かんかくをひらき、こころをひらく〉
2022年6月21日(火)〜26日(日) 10:00〜17:00
※初日 13:00〜17:00 最終日 10:00〜16:00
※最終入場は、閉場30分前です。

〈ライブペイント〉
2022年6月25日(土)13:00〜13:15
※ギャラリーBにて開催
会場 ギャラリーAB
出演 ●展示企画
【参加施設】
アール・ド・ヴィーヴル
アート・メープルかれん

●ライブペイント
會田瑞樹(ヴィブラフォン)
奥津大希(アール・ド・ヴィーヴル)
内容
プログラム
企画展示「かんかくをひらき、こころをひらく」では、アート活動をする障がいがあるアーティストの作品を紹介します。また、6月25日のKIDS DAY開催中に、ヴィブラフォン奏者の會田瑞樹氏の演奏と出展作家・奥津大希氏によるライブペイントイベントを開催します。

チラシPDF

【参加施設】

○アール・ド・ヴィーヴル
小田原市に拠点を置くアール・ド・ヴィーヴルは、知的・精神・身体にハンディキャップがある方が通う福祉施設です。創作活動を中心に、作品のリース展示、オリジナルグッズ制作、農園、ギャラリーカフェの営業などを行い、メンバーそれぞれが自分の仕事を選択します。アトリエでは、日々ゆったりとした時間が流れています。http://artdevivre-odawara.jp/

○アート・メープルかれん
東急東横線・大倉山駅近くにある社会福祉法人かれんが運営する福祉事業所。絵画、手織り、刺繍、ペン習字など創作活動を中心に、絵画制作ではアクリル絵の具、水彩、色鉛筆、ペン、刺繍など、様々な材料を使って自由に表現しており、付設のギャラリーでの年2回の企画展や、外部の障害者アートを紹介する展覧会、公募展などで積極的に作品を発表している。http://karen.or.jp/


【ライブペイント出演者】

●會田瑞樹(ヴィブラフォン/打楽器奏者、作曲家)
1988年宮城県仙台市生まれ。2010年日本現代音楽協会主催”競楽Ⅸ”第二位入賞と同時にデビュー以降、これまでに300作品以上の新作初演を手がけ「初演魔」の異名をとる打楽器/ヴィブラフォン奏者。作曲家として2019年第10回JFC作曲賞入選、2021年リトアニア聖クリストファー国際作曲コンクールLMIC特別賞受賞。2022年2月には初の自作自演個展を開催。2020年発売の最新アルバム「いつか聞いたうた ヴィブラフォンで奏でる日本の叙情」は年間最優秀ディスクとなる第59回レコードアカデミー賞受賞。ヴィブラフォン、現代作品の魅力を多彩に紹介した成果により令和2年度大阪文化祭奨励賞、令和3年度宮城県芸術選奨新人賞受賞。かなっくホールレジデントアーティスト。公式HP

●奥津大希(アール・ド・ヴィーヴル)
色鉛筆を小刻みに動かして表現していく。八三財団の第1期生としてアーティスト支援を受けており今年は個展を開催予定。
料金 無料
申し込み方法
(チケット販売)
【会期中の時間について】
6月21日~6月25日に、17:00以降入場希望の場合は、お電話でご予約下さい。
(かなっくホールチケットデスク 045-440-1219)
募集要項 ※感染症拡大防止にかかる政府等のガイドラインに従い、開催いたします。
お問い合わせ かなっくホールチケットデスク 045-440-1219(受付時間/10:00〜21:00)※休館日除く
備考 ※ヴィブラフォン奏者の會田瑞樹氏の演奏と出展作家によるライブペイントイベントについて
横浜音祭り2022パートナー事業
後援 横浜アーツフェスティバル実行委員会


[当館より新型コロナウイルス拡散対策についてのお願い]
①かなっくホール主催公演では、可能な限り新型コロナウイルスの感染防止策に努めていますが、万が一感染者が発生した場合、必要に応じて保健所及び公的機関へ開示をする為に氏名及び電話番号を聞かせて頂きます。
②お聞きした個人情報は、感染者が発生しなった場合は、4週間後すみやかに廃棄いたしますので、ご協力をお願いいたします。

画像

kidsday2022-grally-426