〈単券〉かなっくクラシック音楽部 ランチタイムコンサート「音楽史の旅」⑥カメラータかなっく(室内オーケストラ)

2023330-ongakushi

日時 2023年3月30日(木)
11:00〜12:00(10:30開場)
会場 ホール
出演 カメラータかなっく(かなっくホール専属の室内オーケストラ)
内容
プログラム
今年度を明るく締めくくろう!と、ハ長調の「グレイト」を選びました。そして、バッハの「G線上のアリア」もお聴きいただきます。〝カメラータかなっく”の美しく若々しい演奏をお楽しみください。

チラシPDF

【プログラム】
○管弦楽組曲 第3番 ニ長調  BWV1068より“G線上のアリア”

○交響曲 第8番 ハ長調  D.944 「グレイト」
Ⅰ Andante-Allegro ma non troppo
Ⅱ Andante con moto
Ⅲ Scherzo. Allegro vivace
Ⅳ Finale. Allegro vivace

※曲目が変更になる場合がございます

【出演者プロフィール】

●カメラータかなっく
かなっくホールを拠点とした若手演奏家による室内オーケストラ。神奈川フィルハーモニー管弦楽団 首席ティンパニ奏者篠崎史門を中心に、国内外の受賞歴がある若手演奏家で編成し、指揮者を置かず、演奏会ごとに集まった全員が能動的に音作りに加わり、音楽を構築し、音楽をつくる楽しみを分かち合う実力派若手演奏家たちの交流の場です。

●篠崎史門(カメラータかなっく代表)
学習院高等科、上野学園大学音楽学部卒業。桐朋学園大学音楽学部研究科修了。東京芸術劇場WOA第1期生。幼少よりヴァイオリンを始め、奥田雅代、父・篠崎史紀の各氏に師事。打楽器を岡田全弘、久保昌一、坂本優希、佐野恭一、故・塚田吉幸、安江佐和子の各氏に師事。北九州国際音楽祭への出演を始め、各地の音楽祭、プロのオーケストラ等に客演。現在、神奈川フィルハーモニー管弦楽団・首席ティンパニ奏者。横浜市神奈川区民文化センターかなっくホールレジデントアーティスト。pearlアーティスト、Gunma Percussion Society理事。
料金 1,000円(全席自由)  ※未就学児入場不可 ※入場番号順付
申し込み方法
(チケット販売)
★12月1日(木)10:00より当館窓口にて発売★

かなっくホールチケットデスク(045-440-1219)へお電話、または直接ご来館でご購入ください。
(受付時間/10:00〜21:00)※休館日除く

●休館日は毎月第3月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
募集要項 ※感染症拡大防止にかかる政府等のガイドラインに従い、会場座席数を調節し発売予定です。
定員 300名
※変更がございましたら、HP等でご案内いたします。予めご了承ください。
お問い合わせ かなっくホールチケットデスク 045-440-1219(受付時間/10:00〜21:00)※休館日除く
★新型コロナウイルス感染拡大状況により、受付時間が変更になる場合がございます。
備考 [当館より新型コロナウイルス拡散対策についてのお願い]
①かなっくホール主催公演では、可能な限り新型コロナウイルスの感染防止策に努めていますが、万が一感染者が発生した場合、必要に応じて保健所及び公的機関へ開示をする為に氏名及び電話番号を聞かせて頂きます。
②お聞きした個人情報は、感染者が発生しなった場合は、4週間後すみやかに廃棄いたしますので、ご協力をお願いいたします。

画像

2023330-ongakushi