【アーカイブ配信】かなっく演劇部 3人ぐらいdeシェイクスピア シェイクスピア原作「マクベス」

2021618-kanack-flyer-haishin

日時 【配信期間】
2021年7月9日(金)20:00〜15日(木)20:00
出演 井上 加奈子(アル☆カンパニー)
伊原 農(劇団ハイリンド)
今井 美佐穂(第0楽章)

演奏:久野 幹史(リュート奏者)

演出:柏木俊彦(第0楽章)
脚本:齊藤 実雪

【舞台スタッフ】
舞台監督…田本 義治(JSS)
照明………白木 彩(JSS)
音響………松倉 佑夏(JSS)
内容
プログラム
読むだけでは難しい、シェイクスピアの戯曲を3人ぐらいの役者と場面転換のための音楽(リュート)で60分ぐらいで上演したら分かりやすく、初めて観劇される方にも楽しめるのではないか?と始めたシリーズの第5弾です!今年もまた芝居好きのある夫婦のリビングルームから始まります。どうやって3人ぐらいで60分で上演するのか?!乞うご期待!


【マクベスとは...】
シェイクスピアの四大悲劇として世界で愛され、ヴェルディによりオペラ化もされています。戯曲の長さは四大悲劇中で最も短い(2477行/一番長い「ハムレット」は4024行)ですが、心理描写に長け、見応え、読み応えがあります。舞台はスコットランドとイングランドの国境付近、マクベス将軍が率いるスコットランド軍はノルウェイ軍と戦っています。マクベスはある日、友人のバンクォーと荒地で3人の魔女に出会い、魔女たちから「マクベスは国王になる、バンクォーは国王にはなれないが、代々の国王の父になる」と予言を受け、英雄と称えられた自分の人生を妻のマクベス夫人と共に転落させます。スコットランド王になった後も止めどもない欲望と不安に駆られ、殺人を繰り返すのですが、この悲劇は皮肉にもスコットランドとイングランドとの友好を育み、スコットランドの未来にとって必要悪となるのです…。

チラシPDF
料金 オンラインチケット  500円
申し込み方法
(チケット販売)
イープラスにて発売!
イープラスHPはこちらから
お問い合わせ かなっくチケットデスク  045-440-1219(受付時間 10:00〜20:00)※休館日除く
備考 主催 横浜市神奈川区文化センターかなっくホール指定管理者
協力 子供のためのシェイクスピア
後援 神奈川区

画像

2021618-kanack-flyer-haishin