【中止】ほしまつり2020 チェロと朗読でつづる「オツベルと象」とプラネタリウム チェロと朗読でつづる「アンネの日記」

新型コロナウイルスの感染防止のため、中止となりました。

2020年度中の延期開催はございません。

Print

 

hoshimatsuri2019-ura

日時 ※新型コロナウイルスによる影響により中止となりました。

2020年7月7日(火)

★子どもたちに贈る★
チェロと朗読でつづる 宮沢賢治原作 「オツベルと象」とプラネタリウム
17:30開演(17:00開場)

★大人たちに贈る★
チェロと朗読でつづる アンネ・フランク原作 「アンネの日記」
19:00開演(18:45開場)
会場 ホール
出演 「オツベルと象」とプラネタリウム

朗読 : 山崎清介
チェロ : 加藤文枝
プラネタリウム解説 : 岩上 洋子(プチ☆ベガ)

「アンネの日記」
朗読 : 川澄透子
チェロ : 加藤文枝
講師
内容
プログラム
毎年7月7日は、かなっくホールのほしまつり!


毎年、7月7日に七夕企画として平面プラネタリウムとチェロと朗読のプログラムを2作品上演しています。日本中の子どもや大人が「今年の七夕は晴れるかな?」「織姫と彦星は会えるかな?」と夜空の星々に思いを馳せ、気持ちが優しくなる日に『目には見えなくて、お金に換えることは出来なくて、生きていくために大切なこと』をテーマに、子ども向け、大人向け2作品です。どちらも60分のプログラムです。子ども向けは、前半にお話しに登場する星や月をスクリーンに投影し解説する平面プラネタリウム、後半にお話しの前後と合間にチェロの演奏を挟む朗読プログラムの60分、そして大人向けはチェロと朗読だけで60分のプログラムになっております。大人だけでも、子ども向けのプログラムにご参加いただけます。お子様が大人のプログラムにも、ご参加できます。入場できるのは5歳以上になります。小学校入学前のお子様を対象にするのは、普段から図書館の「お話し会」によく参加したり、お母さんやお父さんに絵本の読み聞かせをしていただいて、お話しから色々なことを想像することが出来る5歳児ならば分かるだろう、楽しめるだろうと考えるからです。時々、「うちの子には難しい」と仰るお母様がいらっしゃいますが、子どもの感性は大人より優れています。無限の力があります。子どもの優れた想像力にフタをせず、気軽にお子様と一緒にお話しの世界を楽しんでみてください。…ただ、今年の大人向けは「アンネの日記」ですので、いささか…第2次世界大戦でどんなことが起こったのか、ドイツに住んでいたアンネの家族がなぜオランダへ移り住んだのかという事前学習が無いと、小学校低学年のお子様にも分かりにくい点があるかと思います。東京オリンピックの開催を控え、七夕の夜に、皆様の心に新たな優しい気持ちが芽生えますようにと願いを込めて、世界平和について今一度考える機会になればとこのお話しを選びました。


「オツベルと象」とプラネタリウム

金もうけが大好きで、食いしん坊で、気どり屋のオツベルときたら大したものだ。ある日、森からふらりとやって来た白い象をだまして自分の物にした。毎日、象をうんと働かせ、大儲け!そのくせ、象の餌は少しづつ減らしていった。逃げ出さないようにするためだ。オツベルときたら大したものだ。ただちょっと、やりすぎた…象はだんだん笑わなくなり、ある晩ふらふらと倒れ、お月様に「もう、さようなら、サンタマリア。」と別れを言った。すると、空から見ていたお月様が、「仲間に手紙を書きなさい。」と教えてくれた。
※冒頭20分は、平面プラネタリウムの解説を開催しているため、途中入場不可です。予めご了承ください。




「アンネの日記」
13歳の誕生日のプレゼントに「キティ」と名付け、2日後の1942年6月14日から親友に語りかけるようにアンネは日記を書き始めた「親愛なるキティ様…」。3週間後、ユダヤ人への迫害から逃れるために、アンネの家族は父の会社の倉庫の上の隠れ家で窮屈な生活を始めた。アンネの家族4人の他に、ペルス家の3人、そして歯科医のプフェファーの計8人が同居した。1944年8月4日アンネの日記は終わっている。それから半年後…ポーランドのアウシュビッツ第二強制収容所ビルケナウに収容されたアンネは15歳で亡くなりました。差別と戦争のない世界を夢見て。
料金 「オツベルと象」とプラネタリウム  500円(全席指定)※5歳以上入場可

「アンネの日記」  1,000円(全席指定)※5歳以上入場可
申し込み方法
(チケット販売)
ご来館またはお電話(かなっくホールチケットデスク 045-440-1219)でお申込みください。
お問い合わせ かなっくホールチケットデスク/045-440-1219(受付時間/10:00〜21:00 ※休館日除く)
備考 主催/横浜市神奈川区民文化センターかなっくホール指定管理者
後援/神奈川区

画像

Print