ヨコハマトリエンナーレ2017応援プログラム「ぼくらのマチノトリエンナーレ!」〜ダンボール工作で、でっかいカメをつくろー!〜

2017年10月14日 更新

今年は3年に一度のトリエンナーレ(現代美術の国際展)の年!ヨコハマトリエンナーレ2017は「島と星座とガラパゴス」のタイトルで、「接続」と「孤立」をテーマに相反する価値観が複雑に絡み合う現代社会を考えます。かなっくホールは、みなとみらい地区から少し離れる神奈川区にありますが、身近な場所で、現代アートに挑戦し、ヨコハマトリエンナーレを身近に感じちゃおうとダンボール工作のワークショップを開催しました! みんなで集まって何を作ろう?ガラパゴス?かめ?・・・カメと言ったら、神奈川区に今も伝えられる浦島伝説の象徴ではないですか!っということで、造形作家の玉田多紀さんにご指導いただきながら既成のダンボールを水に浸して分解し、ボンドで貼り付けながら、みんなで力を合わせ、でっかいカメを制作!

【巨大カメ・展示予定情報】

●10月中は「イオンスタイル東神奈川・1F」にて、展示中!

●11月に一度、かなっくホールへ戻ってきます!

●11月24日(金)〜28日(火)まで、神奈川区役所にて展示予定です!

 

お近くにお立ち寄りの際は、ぜひご鑑賞ください!

主催:横浜市神奈川区民文化センターかなっくホール指定管理者  後援:神奈川区 協力:マチノトリエンナーレ

お知らせ一覧へ