【発売中】ほしまつり チェロと朗読でつづる 宮沢賢治作 銀河鉄道の夜

Print

 

hoshimatsuri2019-ura

 

Print

日時 2019年7月7日(日)
15:00開演(13:30開場)
会場 ホール
出演 チェロ/長谷部一郎(東京都交響楽団)
朗読/伊原農(劇団ハイリンド)
内容
プログラム
「ほんとうのさいわい」を求め探した宮沢賢治が、何度も書き直しながらも未完に終わり、枕元に置いて逝った本作品は、ジョバンニとカムパネルラが友情を深めながら銀河を旅するお話しです。2人が乗った銀河鉄道は、北半球から出発し南半球の南十字星まで走ります。別々に途中乗車し、途中下車する2人の旅程は、人の一生を表します。「ほんとうのさいわい」は「本当に大切なもの」を探す旅の中にあるのかもしれません。プログラムの冒頭には「雨ニモマケズ」の詩の朗読と宮沢賢治からのメッセージも読み上げます。
料金 1,000円(全席自由)
※5歳より入場可
※入場順番号付
申し込み方法
(チケット販売)
2019年4月1日(月)10:00より、お電話・ご来館でご予約ください。
かなっくホールチケットデスク/045-440-1219(受付時間/10:00〜21:00 ※休館日除く)
定員 300名
お問い合わせ かなっくホールチケットデスク/045-440-1219(受付時間/10:00〜21:00 ※休館日除く)
備考 主催/横浜市神奈川区民文化センターかなっくホール指定管理者
後援/神奈川区

画像

Print